認定空港格付

2000年に導入された世界空港スター格付プログラムは空港産業を対象とした世界一流の品質評価システムです。

品質パフォーマンス

認定空港格付けは直接的で専門的な製品・サービス基準の分析を行う世界の空港品質ランキングプログラムです。格付けは1つ星から最高の5つ星のランキングを使って行います。そして2017年2月より、地域航空会社への格付も始まりました。

徹底的な品質分析

空港格付けは徹底的な品質分析に従って行います。各空港の監査では、消費者に対応する製品とサービス基準のすべてのエリアに対して綿密で正確な評価を行います。スカイトラックスは常に新しい空港をプログラムに加えています。

世界的なプログラム

認定空港格付は、空港業界を対象に専門的で統一された品質分類システムを提供しています。このシステムは国際的に認知度の高い空港基準の象徴となりました。貴社の空港がまだ格付されておらず、詳しい情報を知りたい方はお問い合わせください。

世界の5つ星空港

高品質の証である5つ星空港格付けは総合的な品質パフォーマンスを達成した空港に与えられる、優秀さの世界的ベンチマークです。最優秀空港格付は乗客に素晴らしい設備とサービスを提供する空港に与えられます。

2017年新空港レーティング

スカイトラックスは、認定空港格付プログラムが2017年に拡大することを発表し、今年度から地域空港がランキングカテゴリーに加わります。空港品質認証を主に短距離路線および/あるいは国内線に絞って行うためです。以前の空港格付けは、単一の格付け方法をあらゆるタイプの空港(巨大ハブ、地方、小規模空港)に適用していました。

この変更について、Edward Plaisted氏は次のようにコメントしました。『空港が5つ星を獲得するには、国際的主要ハブでその規模に見合ったすべてのアメニティーを提供しなければならない、という見識が業界にありました。過去2年間にわたり当社の空港品質監査が世界中で急速に拡大したことを経て、小規模の地方空港の中には4つ星あるいは5つ星に相当するサービスを提供しているものの、空港のサイズを理由に知名度が低い、ということを発見しました。』

世界空港格付けにおける地方空港の分類は、主に国内線、または短距離路線(飛行時間約6時間まで)を運営する空港が当てはまります。これらの空港では大陸間ルートを飛行する場合もありますが、主なフォーカスは短距離路線市場にあります。空港監査の形式は、スカイトラックスが、世界中のどの空港でも全く同じアプローチをとって監査を行うことです。主要、地方、国内などあらゆる種類の空港が含まれます。

認定空港格付

By continuing to use our site, you agree to our use of cookies. See our cookie policy.