認定航空会社格付

1999年に導入された、認定航空会社スター格付プログラムは、世界中の航空業界を対象とした一流の品質評価システムです。

品質パフォーマンス

認定航空会社格付は、直接的で専門的な製品・サービス基準の分析を行う世界の航空会社品質ランキングプログラムです。格付けは1つ星から最高の5つ星のランキングを使って行います。

客観的なレーティング

質のレビューのために、正確な評価を提供するために十分に確立されたアプローチがとられており、スカイトラックスの統一された、世界基準を基に客観的な格付けが行われます。スター・レーティングは、第一線の製品とサービス品質を徹底的に分析したあとに与えられます。

主要航空会社

スカイトラックスは、品質格付けプログラムに新しい航空会社を常に加えています。あなたの航空会社がリストに載っておらず、それに関してさらに詳しい情報を知りたい方はお問い合わせください。

世界の5つ星航空会社

高品質の究極の証である、5つ星航空会社格付けは目下、航空会社9社に授与されています。受賞には、総合的な品質パフォーマンスで最高値を達成しなければなりません。空港や機内設備が最高基準を満たしていること、またスタッフサービスが一貫して、ハイスタンダードであることを評価するものです。

2017年新規レーティング

スカイトラックスは、2017年中に認定航空会社格付プログラム向上のために3つの新部門を加えると公表しました:
» 地域航空会社
» レジャー航空会社
» 格安航空会社
焦点を絞ったレーティングタイプを導入することで、異なる種類の航空会社に対し、格付システムがより公平に適用されます。Edward Plaisted氏の説明では、『当社の航空会社格付プログラムの主な目的は、企業のターゲット市場でのパフォーマンスの仕方に基づいて品質の良さを決定をするものです。5つ星の格付は、長距離旅客のフルサービスに対してのみ与えられるかというと、そうではないのです。例えば、格安航空会社が最も基準の高いサービス、コア製品、また一貫性のある品質を提供しているのであれば、彼らは当然5つ星レーティングを得られるはずなのです。地域航空会社、レジャー/チャーター航空会社にも同様の筋書きがあります。』

By continuing to use our site, you agree to our use of cookies. See our cookie policy.